Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://okomenomt.blog74.fc2.com/tb.php/195-52456987
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

明日から!!

合宿です!ザ長野へ!!

で22日はガンダムエキシポにビッグサイトと1/1ガンダム観に海浜公園行ったんだけどやっぱ画像載せたいので帰ってきてからの後日!

今日は恒例の誰も読まないであろう、
「スローン三部作」の第三部感想です。ラストです。
突っ込みたいところは一カ所です。
アンドー星域、農業惑星ユキオ。誰だよ。

三部面白かったけどラストが駆け足気味だったなー。
すんごい戦略とか力入ってたけどラスボスが狂っていて幼稚だったし、ルークのクローンの説明が如何せん少な。
いや、ラスボスの意図とか汲み取れるんだけど、オリジナルとクローンのフォースのつながりの仕組みをもうちょっと掘り下げて欲しい。
結局ルークだけがフォースの新局面がわかって終わった。
そんな感じがしました。こっちがちょっと置いてけぼり喰ったかな。
「ソロ族のハン」には笑った。双子生まれてよかたね。
あーあーでもスローンのアレは無しだろ。無しだろ。
そんな感じでした。

で、今スローン三部作の一年前の「レイアの求婚」読んでます。
訳者は一緒だけど作家が違うんでなんだかコメディ調。
それでもメリハリあって読み易いし酸素が有毒な異星人に出会えて疑問が吹っ飛びました。
思ったことが作家が違うと雰囲気も変わるのに訳者は同じなので同じ表現が多用されてます。
「胃がよじれたような思い」
英語ではスタンダードな言い回しなんでしょうか。
竹書房版はとてもたくさんこれが出てくるwwww
「頭の隅で警報が鳴っている。」とか「みぞおちに痛みがうちこまれたような」とか。
キャラの使い分けなしに出てくる出てくる。
あーこれは訳者さんのセンスなんだなーと思うこの頃です。
他の外国人作家のシリーズ本でも似た体験します。

西洋のことを日本人が書くのと当の外国の人が書くのとじゃ全然違うからそういうの比較するのは楽しいです。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://okomenomt.blog74.fc2.com/tb.php/195-52456987
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。